番外編 黒瀧山 群馬県南牧村

  • 2019.08.04 Sunday
  • 16:39

JUGEMテーマ:日記・一般

 

仕事等のストレスや悩み事を忘れる事を目的に、断崖絶壁系の群馬県南牧村にある黒瀧山へ行ってきました。

だいぶ精神的にも疲れが溜まっていたので、現実逃避して誤魔化す作戦です。

ちなみに、黒瀧山とは観音岩、幕岩、九十九谷の岩壁、馬ノ背渡り、鷹ノ巣山などの五老峰と呼ばれる山全体の事をいうらしい。

 

登山用の駐車場は2箇所ありました。

登山目的の方はくれぐれもお寺の駐車場には停めないように。

 

写真の右側が駐車場です。

トイレも有りました。

ここからお寺まで道路を歩いていくのですが、結構な急登です。

 

色々な鳥が生息しているんですね。

好きな人には分かるんだろうな〜。

 

鐘付堂(呼び方大丈夫?)が見えました。

 

鐘付堂からの景色。

秘境に来た感じです。

 

右下の所からお寺へ行けるのですが、行きに気付かず、帰りに寄りました。

この建物の前を通り登山道へ。

 

荒船山へも縦走していけるようです。

 

登り始めは、一般的な登山道って感じです。

 

キャンプの炊事場みたいな所がありましたが、草が生い茂ってました。

 

少し登ったら分岐のような場所がありました。

左の道は踏み跡が薄かったのですが、ネット情報で左と書いてあったので、そっちへ行ったのですが、ここではなかったようです。

 

地図を見ると進行方向は同じなので、最悪の場合は直登すれば良いかとそのまま進む。

 

だいぶ怪しい道です。

この先、左側は切れ落ちていましたので、直登しました。

 

 

とりあえず、ちゃんとした道へ出ました。

お寺、馬の背、上底瀬への分岐。

 

さて、早速梯子が見えてきました。

 

古そうだけど、きっと大丈夫でしょう(汗)。

 

梯子を登ると........

 

いきなり馬の背。

木々でハッキリみえませんが断崖絶壁なのは分かります。

いきなり山場を迎えた感じです。

 

手摺はありますが、頼りない。

写真の見た目以上にドキドキできます。

 

道間違えで直登した事と猛暑でクラクラフラフラ。

こんな場所で。

 

足の置場が狭い.....

左の鎖がなんとも頼りない。

 

また、梯子。

錆び等で折れないか少し心配。

でも、梯子が無けりゃ登れないかもと思い、感謝です。

 

今度は鎖場。

岩に溝があり、そこに足をかける。

 

草木で見えませんが、落ちたらヤバそうです。

 

今度は垂直に近い梯子。

場所が場所なのでちょっと怖い。

 

お寺が見えます。

 

まだ、早い時間なのに暑い。

 

ここの梯子は、スペースが狭く怖かった。

 

そのロープで大丈夫なのって感じのトラロープ。

 

岩場を抜けると、尾根道へ。

 

安心安心。

 

案内板。

 

見晴台方面へ。

 

ここが見晴台なのかな?

途中に位牌の様な物があり、足をかけるのはいかがなものかと思い留まる。

 

上には小さな祠のようなものが見える。

 

景色はこんな感じでした。

 

少し戻って巻き道を進む。

 

結構狭い道です。

 

どんどん進むと。

 

幕岩の所へ。

 

西側が切れ落ちているので少し緊張。

 

三角の岩の所に祠があります。

 

荒船山が見えました。

 

ぐるっと見渡せる感じです。

 

ゴージャスな花が咲いていました。

 

九十九谷方面へ行く為に途中まで戻ります。

 

今度は集落へ向かって一度下りていく格好になります。

 

岩肌を下りたりもします。

 

この右は崖だったり。

 

ここら辺が九十九谷でしょうか。

 

絶景+注意。

 

目の前は絶壁です。

 

苔で滑りそうなので、ここは迂回しました。

 

苔。

 

今度は”要”が付いています。

 

このトラロープの有る無しで、緊張感が変わる気がします。

 

覗くのが怖い。

 

振り返ると、そこはやっぱり絶壁です。

 

岩や根っこを伝いどんどん下ります。

 

少し歩きやすくなってきました。

 

ついでに鷹ノ巣山へ寄り道。

 

先ほどの分岐から少し登る。

 

鷹ノ巣山の山頂です。

 

荒船山が見えます。

 

眼下に集落が見えます。

 

先ほどの分岐を上底瀬方面へ。

 

北斜面になるので少し薄暗いですが、下っていきます。

 

途中何度か標識が出てきます。

 

砂防ダムが見えました。

 

砂防ダムの横に橋があるのですが、なんとガードレール。

 

もう少し進むと九十九谷登山口へ出ました。

暑すぎて、写真の右にある所から出ていた水をタオルに染み込ませ、体を拭きました。

でも、果たして綺麗だったのか???

 

集落の道路を少し登り返します。

すると右手に川が来ます。

綺麗な水には岩魚や山女が沢山泳いでいました。

集落の人が沢を利用して飼っている感じでした。

 

さて、今度は黒瀧山登山口からお寺へ戻ります。

 

暑くてここの手前の日陰で、ダウン。

30分位座り込んでいました。

臭いな〜と思っていたら、堆肥小屋。

 

そして豚小屋。

 

なるべく日向を避けながら登ってきましたが、道路の建設現場辺りで日陰が無くなり、二の足を踏んでいたら、3人組の登山者に抜かれてしまいました。

元気だな〜。

 

南牧村は山間の村なので、石垣がいっぱいあるのだが、何故か山の中にまである。

 

畑にしている感じでもないし、何でだろう?

 

巨大な岩の裂け目に、像が祭られていました。

 

放置された巻き取り機のような機械。

 

綿のような不思議なもの。

 

もう少しで峠。

 

お寺、馬の背、上底瀬への分岐へ戻ってきました。

左に行くとお寺、右に行くと馬の背方面です。

 

馬の背へ行く時は、ここより下の方を歩いていたので、明らかに道間違いでした。

 

分岐です。

 

お寺方面へ。

 

お寺付近へ戻ってきました。

 

山門です。

 

周囲の雰囲気もいい感じです。

 

風情がありますね〜。

 

もう一度訪れたいと思いました。

 

まだ登山は続いていた。

 

まだ奥へ進めます。

 

奥社といえばいいのかな?

 

その裏手。

 

小さな滝がありました。

 

灯篭の彫り物が凄い。

 

本堂近くには滝がありました。

 

絶妙な水量です。

大雨の時はどんな感じなのかな。


現実逃避のために断崖絶壁が目的で黒瀧山へ行ったのですが、暑さでダウンして現実に戻されてしまいました。

しかし、黒瀧山自体はアトラクションも多く、周回も出来るので、非常に楽しめる良い山だと思います。

そして、黒瀧山不動寺も凄く雰囲気のある所で再度訪れたいと思いました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/12)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (04/10)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/04)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (03/07)
  • 女峰山(31) 標高2483m 栃木県日光市 (唐沢小屋泊) 〜 帝釈山 標高2455m 栃木県日光市
    管理人 (05/23)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    管理人 (05/07)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    大島 隆 (05/05)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/21)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/20)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    なおき (02/20)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM