根名草山(36) 標高2,329m 栃木県日光市 ・ 温泉ヶ岳(37) 標高2332m 栃木県日光市 ・ 金精山(38) 標高2244m 栃木県日光市 

  • 2013.07.15 Monday
  • 23:41
JUGEMテーマ:日記・一般

世間では7月13日〜15日は3連休。
でも、私は7月14日に宇都宮である団体の会議に出席しなければならず、思いっきり山へ行けない予定。
であれば、その会議の後、泊りで山へ行けば良いじゃないかという事で避難小屋のある場所、そして一泊するなら縦走だという事で、最終的に根名草山、温泉ヶ岳、金精山へ行く事にしました。

宇都宮の会議の後といっても同伴者がいたので、一度自宅へ戻らざる15:00頃の出発となってしまった。


まず、日光の戦場ヶ原、湯元と抜けて、金精峠のトンネルを目指す。
正面の雲に覆われているのが金精山。


金精トンネル脇の駐車場。
すぐに登山口は分かります。
この時点で18:30を過ぎていました。
装備的には問題無しでも、少し心配。


携帯電話のアンテナかな?
ちなみに金精峠ではソフトバンクの携帯は使えた。


金精山のどこかにひびが入ってて危険だという旨の案内。


登りだして比較的すぐの所でもこのような場所があります。
一応足元、上部の確認を怠らない様に。


一段一段まばらで、高さが有るから大変でした。
この階段要らないです。


こんな梯子も数か所。頼りなさげだね。


金精峠に着きました。
今回の山旅では、金精峠まで上がってくる部分が一番嫌だったかも。


男体山方面が良い感じに見えます。
これからどんどん日が暮れるので急がねば。


金精神社はまた後で。


念仏平の避難小屋へ急ぎます。
この程度なら実際はライト無しでも周囲を確認できます。


しかし、こうなるとライト無しでは無理です。
良くある話ですが、予報では晴れ後曇り程度だったのに、途中から雨がガンガン降ってきました。
でも、進むしかありません。


白い案内板は暗闇でも目立ちます。
トレースがハッキリしていて、温泉ヶ岳以外の分岐が無かったので、暗くても大丈夫でした。
ですが、一人なので少しの物音でも意外と怖いものです。
それから、虫よけが全然効きませんでした。
メーカーが悪かったのかな?


もう着くかなっと思っていたら、この看板。
小屋の場所を勘違いしていた。
急ぎで来た為、良く地図を確認していなかった。
雨と真暗闇の山中を一人であと40分。


念仏平って文字が怖く思えてきた。


念仏、念仏........やけに残る言葉......


何か所かこの様な看板が有ります。
気分的に救われます。


着いた―!!!
山にしては遅い時間なので迷惑掛けたくないし、お化けが出ても嫌。
扉を開ける時に緊張しました。
がっ、誰もいない。
しかも、めっちゃ綺麗。
管理人さんに感謝です。


雨に濡れたカッパ類を干して、食事にします。
ペンションに来た気分。


天井付近に虫がいたので、蚊取り線香をお借りしました。
寝ている時に周辺に落ちて来るってパターンです(笑)。


朝になりました。
この小屋は本当に綺麗で、一人占めで贅沢させてもらいました。


昨夜は暗くて分かりませんでしたが、良い場所でした。
赤ずきんちゃんが出てきそうな雰囲気かな。


トイルって何ですか!?
トイレの間違え??
下の小さい文字もインターナショナル オープン トイルってなっている。
これって山の専門用語なのでしょうか?


新しくて立派な小屋です。
ピヨピヨ鳥のさえずりを聴いて清々しく朝を迎えたかったけど、雨が.......


雨が一向に止みそうもないので、出発します。


花の知識は0なので、ノーコメント。


稜線では雨は普通だけど、風が半端じゃなかった。


そんなこんなで根名草山山頂へ到着。


三角点。


御覧の通り何も見えないので、すぐ戻ります。


苔も多く、自然がそのまま残っている雰囲気で良かったです。


ガスった中で人影が見えたら怖いかも。


とりあえず、避難小屋まで戻ってきました。
次は温泉ヶ岳を目指します。


避難小屋手前の水場です。
美味しかった。


旧避難小屋跡。
ゴミが見受けられました。
なんで捨ててくんだろ??


真っ暗闇の中こんな所も歩いていたのかぁ。


ここは道が綺麗ですね。


ここも一人寂しく歩いていたんだね。


昨夜は、ここら変で片足を何度か滑らせました。
明るい所で見て初めて状況が分かりました。
傾斜がキツイので、落ちてたらヤバかったかも。


この分岐から温泉ヶ岳へ。


さほど距離はありませんが、傾斜が嫌な感じでした。
特に濡れていたので、木の根や草で滑りました。


山頂です。
風もビュービューです。


相変わらず天候が.....
さあ、とりあえず金精峠へ戻ります。


快晴だったらさぞかし気持ちいいだろうなぁ。


場所によっては少し濡れた感じが風情となり、良い味を出していました。


金精峠へ戻ってきました。
何故か、ここだけは雨が止むのです。


金精神社を開けてみた。
誰だ荒らしたのは!!
ところで、真ん中にあるものは?
これで金精峠の名前の由来が分かりました。


次は、金精山。
疲れもあり、天候も不安定なのでどうしようか迷いましたが、後日また金精峠まで登るのも面倒だということで、30分休憩を入れて向かう事に。


金精山の西側へ向かいます。


濡れていると滑る岩があるので注意。


ガレたロープ場もあり。


岩が浮いている様な場所もあり、少し危険な感じがしました。
慎重に行動しましょう。


梯子もあり。


温泉ヶ岳、根名草山方面。


落ちたら大変です。


さあ、山頂です。


あらら、雲が。


これが三角点?
脇に投げられたようにありました。


気を付けて下山です。
金精峠へ戻り、そこから駐車場もキツかった。
階段の段が高いので一段降りるごとに負担が掛かる。
私の体重が重いのもありますけどね。

最後に。
登山は明るい中で行いましょう。
滑落リスクや遭難リスク等夜登山は危険だらけです。
ただ、遭難時のシュミレーションとして一度は体験しておくのも良いと思いますが、くれぐれも安全な場所で。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/12)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (04/10)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/04)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (03/07)
  • 女峰山(31) 標高2483m 栃木県日光市 (唐沢小屋泊) 〜 帝釈山 標高2455m 栃木県日光市
    管理人 (05/23)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    管理人 (05/07)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    大島 隆 (05/05)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/21)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/20)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    なおき (02/20)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM