諏訪岳(7) 標高324m ・ 唐沢山(8) 標高241m 栃木県佐野市

  • 2012.11.05 Monday
  • 23:35
JUGEMテーマ:日記・一般

目指せ栃木百名山シリーズ。
今回は栃木県佐野市の諏訪岳と唐沢山の縦走です。
標高もそんなに高くないので、8:30位に登り始め、12:30位に下山しました。

まず、諏訪岳の麓に京路戸公園に駐車しました。
駐車からすぐに山道に入ります。


少し肌寒かったけど、清々しさもあり良い感じ。


いきなり、分岐です。


右だと京路戸峠と書いてあります。
京路戸峠って何処?
私はまず諏訪岳に行きたい。
と軽い感じで左へ。
これがまた急登への始まりになるなんて。


良い感じの日差しも差し込んでいます。


一般的なジグザグ坂路。
少し息切れしますが、この程度なら大丈夫とじわじわと責めます。


道跡が曖昧になってきました。
そして、角度も少しずつ急に。


岩場が出てきた辺りで視界が開けます。


この岩場を登っていきます。


岩場の裏へ降りる道が分かり辛い。
危ないけど、足がかりはあるので問題なし。


可愛いお花がご挨拶。


なんでいつもこういう急なルートを選んでしまうんだろう。


後ろをみると。
んっ、あそこにあるのは。


マイカーが木の隙間からみえるではないか!!(真中辺の白いヤツ)


と余計な事を考えていたら、尾根に出ました。
やっぱり低山とはいえ急登辛かった。


諏訪岳の看板。


これも。


こんなのも。
ルートが書いてあるんでしょうが、薄くなりす過ぎてて分かりません。


三角点です。


展望は一部開けているのみ。
町並みは良いとして工場は似合わないかな。

続いて、唐沢山へ向かいます。
山頂からの道が何本かあり、特に標識も無かったので迷いました。
とりあえず、しっかりした跡のある道へ。


特に村桧神社以外の案内はない。
とりあえず途中まで村桧神社方面へ降ります。
岩場では無かったのですが、結構急斜面でした。


傾斜が緩くなる頃、分岐に出ました。
んん!!
関東ふれあいの道。
この前行った晃石山近くの関東ふれあいの道が良かったので期待。
そして下の赤字の看板に唐沢山の文字が。


勾配もキツくなくハイキングルートです。


景色も綺麗でした。


適度に整備されていて、気持ちいいです。
関東ふれあいの道は何処もこういう感じなのでしょうか?


この先の見えないカーブの感じが良いんです(何が?とつっこまないで!)


また、分岐。
違うルートでも降りられた様です。


尾根道をどんどん進みます。


こんな道標もちらほら。


そうしましょう!!


またしても、分岐です。
多田駅方面が帰るルートなのでチェックしておきます。
(一番最初の分岐を右へ来るとここへ出ます。)


唐沢山の文字が大きく出ている。
テーブルも有り休憩するにはいいかも。


階段って疲労感がジワジワ溜まるんですよね。

この先、小学生の集団が登場。
町内会で来ているとの事でした。

なだらかな道を進むと、車道らしき砂利道が登場。
真っすぐと右へ下る分岐が登場しますが、唐沢山は真っすぐです。
砂利道の脇には山道が整備されていますが、どちらも同じ所へ辿りつけます。


道路脇の看板。(色々あったのでハイキングついでに見て回ってもいいかも。)
勉強になります。


砂利道の様子。

最終的に舗装道に着き、少し登ると神社がありました。


どうやら、ここが山頂の様です。
三角点を探してみましたが、分かりませんでした。


神社の周辺には遺産跡のような物がありました。


会議があるので早く帰らなければ。
ということで、横の登山道ではなく、砂利道を歩きます。


登山道へ入ってみたら、見晴(台?)とかいうピークがありました。
テーブルも有り、休憩所って感じかな。


やっぱり階段脇を降りる人が多いみたい。
脚への負担が減るからね。


前述の下山ルートへの分岐です。


もしや、ここが京路戸峠だったのかな?


帰りは勾配もキツくなく楽でした。

ここら辺で80歳位のおばあちゃんがガツガツ登ってきました。
凄い健康体ですね。


この先で、最初の分岐に戻ります。

標高は低かったのですが、諏訪岳は疲れました。
やはり重いからか急登は向いていないなぁ。

体力が無い人は諏訪岳を登らずに、京路戸公園から尾根道を歩いて唐沢山へ向かうのもいいかもしれません。


【おまけ】

帰りの車を運転しているとカッコいい山が見えてきました。
登りたい!!


近くへ行くと岩舟山登山口の看板が。

岩舟へは何度も来ていますが、こんな山があるなんて知りませんでした。
実はココ、戦隊物や爆破物の撮影で有名な場所らしいです。
また、イベントでライブコンサートを行ったりもしているそうです。

写真で崩れている所は東日本大震災の際に崩れてしまったそうです。左の方の鋤っ歯の様になっている所も崩落してしまったようです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/12)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (04/10)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/04)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (03/07)
  • 女峰山(31) 標高2483m 栃木県日光市 (唐沢小屋泊) 〜 帝釈山 標高2455m 栃木県日光市
    管理人 (05/23)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    管理人 (05/07)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    大島 隆 (05/05)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/21)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/20)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    なおき (02/20)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM