多気山(5) 標高377m ・ 鞍掛山(6) 標高492m 栃木県宇都宮市・日光市

  • 2012.10.22 Monday
  • 18:48
JUGEMテーマ:日記・一般

天気も良く、絶好の登山日和。
男体山の精神的ダメージと、早起きする気が無かった事で近場で軽く登れる山を選びました。
ということで、標高377mの多気山を狙い余裕があれば、鞍掛山というコースになりました。

栃木県の大谷は皆さんご存じかと思いますが、大谷石の産地です。
子供の頃、地下の採掘場らしき場所へ行った記憶が有るような無いような。
その大谷へ久しぶりに行くと、石の山(大谷石)をくり抜いて作った建物などがあってビックリした(笑)。
大久保石材店の入り口の建物や盤石荘の車庫は必見です。

そんな大谷の町を通り多気山へ向かいます。

多気山編

多気山の市営駐車場の近くに到着すると、大変混み合っているではないですか!?
そしてジャパンカップサイクルロードレースの看板が。
あっ、そういえば宇都宮森林公園で開催されるジャパンカップサイクルロードレースの日だということを忘れていました。
ロードレーサーが多かった訳だ。

まあ、駐車スペースもまだ有るし、おいらは山へ。
駐車場ではジャパンカップサイクルロードレースの観衆に交じって、一人登山の格好で浮いていました。

多気山の市営駐車場を出て直ぐに登山道への案内板があり、それを少しのぼるとまた道路。
そして下の大きな看板が出てきます。


この色合いがたまらない。
それにしても、簡略化され過ぎていて良く分からない。


すぐ隣に登山道の標識があるので、早速スタート。


人が頻繁に来ているらしく、道もハッキリ。


途中にも看板が。


土が湿っていて滑りそうだったが、溝が掘ってあり足が掛けられた。


殆どこんな感じの道で歩きやすい。
止まらずに写真を撮るとぶれますね。


拓けてきました。


伐採されて拓けている感じ。
誰かの畑になっているのかも?
もうすぐ頂上かな。


東屋があり、頂上かと思ったら、看板に三角点の文字。
この先の木々に囲まれた地点に三角点がありました。


比較的新しい看板。


三角点です。


こちらにも看板

この三角点ポイントから裏へ行くと、森林公園へ出られるようでしたが、自転車レースで盛り上がっているようなので、引き返します。
というのも、昔ロードレースをやっており、見だしたら止まらなそうなので......


標高は低いが東屋のあった広場からの展望は良い。


展望が良いと気持ち良い。


登りもこのような石階段の様になっていたが、かなりの数でした。
山で人工工作物みると、いつも誰がどの様に運んだのか不思議に思います。


階段を下りてくると多気不動尊へ通じておりました。
手入れの行きとどいた清々しい場所でした。
左奥には清水が流れてきており、水分補給をさせていただきました。


自然に包まれた本堂の前で香る線香が風情を醸し出しておりました。


下りだったので、精神的ダメージも少なくすみました。
なお、周りにはお茶屋さんなどがあり、行事の時には混み合う様な雰囲気でした。


多気不動尊から降りてくると道路に出ます。
少し先が駐車場です。

トータル48分の登山でした。
う〜ん、まだまだ行けるぞ!!
ということで、鞍掛山へ移動します。


鞍掛山編

多気山の駐車場から10分位かな?
ジャパンカップサイクルロードレースの影響で迂回しましたが、辿りつきました。
車を止めたY字路から登山道へは直ぐでした。



登り始め。
角度も穏やか。


石が大きくなってきたと思ったら、沢にでました。
トレイルランコースの看板が有ったので、沢を登ります。


少し沢を登ると上がる道があり、直ぐに看板が。
神社へは寄らずに山頂へ。


山頂方面への道はこんな感じ。


また、案内標識が。
左へ行くと岩・鎖場、右は比較的穏やかなコース。

鎖場好きな私は当然左へ。


角度が急になってきました。
急登が苦手な私のペースはがた落ちです。


左の方はガレ場状ですが、登山道は落ち着いています。


かなりの角度です。
いつも写真だと角度感や標高感が出ないので同じ位置で何枚か撮ってみました。
これは斜面目線。


水平目線


水平横目線
と、こんな写真を撮りながら休んでいたんですけどね。


少し登ると手摺が登場。


ぐらぐらしている支柱や基礎ごと倒れているものもあるので要注意。

ここで、ネタばらし。
鎖場とはここの事でした。
手摺と呼んでいた物が鎖場の鎖という事らしい。
個人的には、岩場があり、岩の上から鎖が垂れているのを想像していました。
ここでは岩といっても写真のように左にあるだけって感じです。
まあ、写真で見るよりは角度があるのでお世話にはなりましたけど。
こんな事なら、急登も嫌いだし、違うコースへ行けば良かった。



尾根に到着。
ここは案内板が充実していますね。
左、奥の院。右、鞍掛山山頂。


奥の院には小さな祠がありました。
見晴らしは写真のとおり。


看板も。


さあ、尾根歩きです。


直ぐに山頂へ到着。


やたら看板があります。


三角点もチェック


展望は望めませんでした。


展望は大岩で、ということで尾根道を進みます。


のどかな尾根歩きは最高です。


途中杭がありました。一応ピークかな?


途中岩も出てきましたが、穏やかです。


ご丁寧にもまた看板


大岩には小さいハシゴがありました。


自転車レースの中継ヘリが終始飛び回っておりました。


大岩からの展望です。
天気が良く気持ち良い。
古賀志山かな?


下山ルートです。(標識あり)


急な岩場もあるので注意。


部分的にロープがあったりするが、ゆっくり降りれば問題なし。


倒木。根本から綺麗に倒れていました。


杉も多いが、栗の木も多く、道に毬栗が沢山落ちていました。


写真向こう右側の草の辺りも崖の様な感じでしたので、転落注意。


登りに有った分岐に戻ってきました。


道も穏やかになり、気持ち良くマイカーへ向かいます。


木々の隙間からは、秋らしい木漏れ日が。

このあと、無事車に到着。
肉体的には、もうひと山行けそうな感じでした。(男体山修行の成果?)
しかし、部屋の掃除がまっているので帰ります。


行きで迂回した所に交通誘導員がいなかったので通れると思ったらダメでした。
おかげで走り抜けるプロのロードレーサーをみる事が出来ました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/12)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (04/10)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    管理人 (04/04)
  • Fender U.S.A Custom Vibrolux Reverb 改造 Moyer's mod(ノイズ、リバーヴ、歪み対策)
    allspice (03/07)
  • 女峰山(31) 標高2483m 栃木県日光市 (唐沢小屋泊) 〜 帝釈山 標高2455m 栃木県日光市
    管理人 (05/23)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    管理人 (05/07)
  • 鶏岳(19) 標高668m 栃木県塩谷町
    大島 隆 (05/05)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/21)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    管理人 (02/20)
  • 岩山(1) 標高328m 栃木県鹿沼市
    なおき (02/20)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM